« マスコミを監視・批判するための視点。ミステリ「ミレニアム」に見るジャーナリズムの本質 | トップページ | RNAウイルスの疾病に官僚が介入すると問題は極めて重篤化する。その1. »

2010年6月 6日 (日)

週間金曜日の記事から「日米安保条約をめぐる4つのウソ」

週間金曜日64日号に日米安保条約について簡にして要を得た記事が掲載されたので一部抜粋する。

P18P19「勝手な思いこみとメディアの詐術を検証する 日米安保条約をめぐる4つのウソ」

ウソその1.米国が日本を防衛 

重大なのは日本が「攻める」危険性 水島 朝穂 早稲田大学教授

「米国の目的は、在日米軍基地をフル活用して、アジア、太平洋地域から中東までの軍事覇権を維持することにあります。」

「特に沖縄と岩国に駐留する海兵遠征軍(MFE)の本質は、いつでも、どこにでも殴り込みをかけられる介入軍であり、日本を「守る」部隊ではありません。

 むしろ重大なことは、「専守防衛」の建前を捨てた自衛隊が、米軍の軍事介入路線に便乗して、他国を「攻めてしまう」可能性が出てきたことです。」

ウソその2.米国の「核の傘」

 軍事力の対朝圧倒優位では意味をなさない 浅井 基文 広島市立大学広島平和研究所所長

「貧弱な海空軍力しかない朝鮮が、日本に戦争を仕掛けようがないことは、「北朝鮮脅威論」を唱える人たちもわかっています。だから彼らは、「北朝鮮には日本に届く核ミサイルがあり、金正日は何をするか分からない」というのです。でも、そんなことをしたら次の瞬間、米国はそれを格好の口実にして、圧倒的な軍事力で朝鮮を叩きつぶします。」

「金正日の唯一のよりどころは朝鮮という国家です。全てを失うことが分かっているのに、核ミサイル攻撃を仕掛けるはずがありません。米国が日本を「核の傘」で守っているから、朝鮮は核攻撃を仕掛けられないでいる、ということではないのです。」

ウソその3.中国・「北朝鮮」脅威論

 戦争する意図も能力も必要ない 山田 朗 明治大学文学部教授

「かりに日本が中国と戦争することになった場合、戦費のための国債を買ってくれる国は中国しかありません。中国にしても経済的・技術的に日本に依存している部分が多く、こういった相互依存関係の中で、戦争はできないでしょう。」

「(北朝鮮が)核兵器とミサイルに特化しているのは、逆に言えば通常戦力が無力化しつつあることを意味しています。」

「朝鮮の空軍力は機能しません。空軍力が機能しない中で、大規模な陸戦や海上戦はあり得ないし、そもそも不可能です。」

ウソその4.在沖海兵隊の抑止力

「抑止力」の概念の援用に問題あり 前田 哲男 軍事ジャーナリスト

「そもそも抑止論は・・中略・・マクナマラ米国防長官が提起した「確証破壊」(核報復力=相互抑止=恐怖の均衡)という概念です。だから日米安保条約の分野に抑止力の概念を持ち込むことじたい、歴史的に、又定義上おかしい。」

「二番目に、そのような抑止の概念を米海兵隊の日本駐留意義にまで拡大して、あたかも海兵隊が「日本防衛」に不可欠の存在であるかのように描くメディアのいい加減さです。」

「海兵隊は、先制攻撃、敵前強襲を専門とする水陸両用の殴りこみ部隊なのです。」

「このような部隊を、「日本共同防衛」が目的であるはずの安保条約の下で、「抑止力」とみなし、新基地建設の根拠とすることなど間違いもいいところです。鳩山首相は、・・中略・・じつのところ、まだ何も学んでいないようです。」

週間金曜日は、マスメディアでは報道されない事件やメディアを批判的に見る視点を提供してくれるということで、優れた雑誌だと思って、講読している。(時々、なんじゃこりゃーという記事もあるが。)新聞なんか読むよりずっと精神衛生上よろしいので購読をお勧めする。経営は苦しいようでとうとう店頭販売価格は72日号から580円(税込)になるそうだ。定期購読は今までどおり500円(税込)。DAYS JAPANといい、週間金曜日といい、まともなメディアが苦戦を強いられるのは忍びない。「金もあるし暇もある」という人、「金はあるけど暇は無い」という人、「金も暇も無い」という僕のような貧乏人にも是非ご購読いただきたい。週間金曜日公式サイト

« マスコミを監視・批判するための視点。ミステリ「ミレニアム」に見るジャーナリズムの本質 | トップページ | RNAウイルスの疾病に官僚が介入すると問題は極めて重篤化する。その1. »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558791/48553052

この記事へのトラックバック一覧です: 週間金曜日の記事から「日米安保条約をめぐる4つのウソ」:

« マスコミを監視・批判するための視点。ミステリ「ミレニアム」に見るジャーナリズムの本質 | トップページ | RNAウイルスの疾病に官僚が介入すると問題は極めて重篤化する。その1. »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

国民の生活が第一

マガジン9条

無料ブログはココログ