« 週間金曜日の記事から「日米安保条約をめぐる4つのウソ」 | トップページ | RNAウイルスの疾病に官僚が介入すると問題は極めて重篤化する。その2.新型インフル死亡624名? »

2010年6月 7日 (月)

RNAウイルスの疾病に官僚が介入すると問題は極めて重篤化する。その1.

 まず本題に入る前にウイルスと免疫についての基礎知識を。

RNAウイルスとは

記憶に焼きついている疾患としてAIDS(エイズ)、SARS(サーズ)、C型肝炎、わりと記憶に新しいものとして麻疹、鳥インフルエンザ、新型インフルエンザなどがある。これらの疾病原因となるウイルスは全てRNAを遺伝子として持つRNAウイルスである。

DNARNAよりも安定しており、ウイルスよりも複雑な構造を持つ生物はDNAを遺伝子として持つ。可変的なRNAは細胞内でたんぱく質を合成するときに利用される。逆にRNAウイルスはその不安定性を自らの強みとして、変異を繰り返しながら宿主生物の免疫系から逃れようとする。だからRNAウイルスでは新型のウイルスが発生しやすい。

・免疫の大雑把な仕組み

新型インフルエンザの報道で平気で「免疫が無い」という表現が使われていたが大変不正確な表現だ。

ヒトの免疫系はものすごく複雑だが主に自然免疫と適応免疫に分かれる。

自然免疫系では貪食細胞(マクロファージ、好中球、および樹状細胞)が病原体を文字通り貪り食らう。この応答はどんな病原体でも同じで、直ちに行われる。その過程で適応免疫を活性化する物質を放出したり、病原体の破片を適応免疫系のT細胞に提示する。

これらの刺激を受けたT細胞はB細胞に指令を出し、B細胞が抗体を大量に産出して病原体に付着させる。この抗体と病原体の結合を認識した貪食細胞がさらにこれらの病原体を貪り食って撃退する。従ってT細胞が免疫システムの中枢を担っているといっても過言ではない。以上が、ものすごく大雑把なヒトの免疫の仕組みだ。

B細胞には、過去に出会ったことがある病原体に対してはその記憶を保持しているのですぐに、また過去に経験の無い病原体の場合は1~2週間で抗体を産出する能力がある。抗体の種類は、病原体の種類ごとに一つ一つ違っていて、B細胞一つは一種類の抗体しか産出できない。だから100億以上の種類のB細胞が100億種以上の種類の抗体をつくることになると考えられている。こんなに多くの種類の抗体が、遺伝子の組み換えで行われていることを明らかにし、ノーベル賞をもらったのが日本の利根川 進教授だ。

「免疫が無い」という場合、後者の抗体生産に時間がかかる、つまりその間は自然免疫による防戦のみしかできないということを指していると思われる。

どんな病原体に対してもヒトは基本的に免疫を持っている。しかし、病原体が自然免疫ではとても追いつかない増殖能や強い毒性を持つ場合や、栄養不良やストレスで自然免疫や適応免疫が弱っている場合が危険だということだ。

ワクチンは毒性の少ない病原体の破片をあらかじめ投与して、適応免疫に記憶させ、いざその病原体が進入してきたら直ちに撃退する防衛体制を構築することだ。ワクチンが直接病原体をやっつけるわけではない。

・エイズの原因となるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の特異点

以上のRNAウイルスと免疫のシステムを前提に驚くべき戦略を駆使するのがエイズの原因となるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)だ。

通常のRNAウイルスは宿主細胞のなかでRNAを転写合成し自己を複製する。しかし、エイズの原因となるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)は特異な自己複製システムを持っている。HIVはレトロウイルスと呼ばれる。その意味はDNAを合成する逆転写酵素を持つウイルスといことである。この逆転写酵素を使いHIVは自らのRNAからDNAを複写し宿主のDANに巧妙にもぐりこませて自己を複製する。DNAの二重螺旋構造を解明したクリックが、遺伝情報はDNA→(複製)→DNA→(転写)→RNA→(翻訳)→タンパク質の順に伝達されるとするセントラルドグマを主張していたが、これを覆したのが逆転写酵素の存在だった。

さらに驚くべきことに、このHIVは免疫のT細胞に選択的にとり付き、ヒトの免疫システムに壊滅的なダメージを与える。急性期を過ぎ、510年の潜伏期にもT細胞は破壊され続ける。そのため、エイズを発症すると、通常では全然問題にならない細菌やウイルスを撃退する力を失い、さまざまな感染症に罹患する。HIVRNAウイルスなので変異を繰り返し、巧妙に免疫システムをかいくぐりながら、免疫の中枢を破壊するという離れ業をやってのける。それゆえ現在はワクチンではなく逆転写酵素を阻害する薬剤による治療が一般的となり発症進行を大幅に抑えることができるようになった。

(つづく)

« 週間金曜日の記事から「日米安保条約をめぐる4つのウソ」 | トップページ | RNAウイルスの疾病に官僚が介入すると問題は極めて重篤化する。その2.新型インフル死亡624名? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558791/48564173

この記事へのトラックバック一覧です: RNAウイルスの疾病に官僚が介入すると問題は極めて重篤化する。その1.:

« 週間金曜日の記事から「日米安保条約をめぐる4つのウソ」 | トップページ | RNAウイルスの疾病に官僚が介入すると問題は極めて重篤化する。その2.新型インフル死亡624名? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

国民の生活が第一

マガジン9条

無料ブログはココログ