« 行政の見事なサボタージュの見本。地デジ無償配布の申し込み延期。 | トップページ | 口蹄疫は早く終息に向かって欲しい。テレビ朝日池上彰の学べるニュース【そうだったのか!口蹄疫】に難癖をつける。 »

2010年7月 2日 (金)

枝野幹事長、小沢氏への「大衆迎合」発言、菅総理「消費税全額還付」発言。この国の辞書に新たな言葉が付け加えられた。わが国の総理は「菅言を弄する卑劣菅」

「国民との約束は守るべきだ」との小沢氏の言葉を、大衆迎合と唾棄して、恬として恥じることの無い枝葉末節野幹事長。枝葉末節担当大臣として、予算の下流の枝葉末節を、犬のウンコを枝葉でいじくり廻すガキのように、いじましく突付き廻した事業仕分け。

だが、国民との約束を、とにもかくにも守った。だからこそ、妬み嫉みに心を焦がす衆愚の香ばしい下品さがあるとはいえ、大衆が喝采を浴びせたのではではなかったか。それで幹事長という要職をせしめたのではなかったか。

どの面下げていけしゃあしゃあ、抜けぬけとそんな台詞を吐けるのか。ああ、あの薄汚い下品な面で、か。愚かな大衆など有象無象、俺たちゃエリート黙って言うことを聞けってか。思っていることは官僚そのもの、随分偉くなったものだ。

菅総理は、うつむきながら、後ろめたくも絶叫する。

「消費税といっても、衆愚の皆さん!年収200万円とか300万円とか少ない人、もとい年収300万とか350万円以下の人、もとい年収300万、400万以下の人には全額還付することだって私にはできるんです。どーです、衆愚の皆さん!!」

馬鹿にするのも大概にしろ。国民全てが衆愚だと思ったら大間違いだ。これを大衆迎合と言わずして何と言えば良いのか。

どうやら、大衆迎合という言葉の意味がころっと変わったようだ。民主党の大幹事長、枝葉末節野幹事長によると「国民との約束を守る」というのが大衆迎合の意味らしい。

それでは、「国民との約束を破り、甘言を弄して韜晦し、できもしない大法螺を吹き、選挙が終われば前言を翻すこと」を、これからは大衆迎合とは言わず「菅言を弄する」と、厳かに、謹んで、言わせていただこう。

大嘘つきの三百代言。

大風呂敷を広げて丸め込もうとする詐欺師。

コロコロと言うことの変わる無定見な恥知らず。

国民を騙まし討ちにしても屁とも思わない卑怯者。

うつむきながら目を泳がせながら言葉を発する、後ろ暗い挙動不審者。

官僚に手玉に取られて舞い上がる破廉恥野郎。

自分が国政を動かしていると本気で思い込む誇大妄想狂。

甘い言葉で誘惑すれば誰もが騙されると信じ込む反吐の出そうなナルシスト。

市民派を気取った腐れ全共闘の成れの果て。

庶民の困窮など想像だにできないサイコパス野郎。

かっこばっかりつけてる空っぽの木偶人形。

などなど、これら全てに怒りぶち込んで、わが皇国の総理を、敬意を込めて、うやうやしく「菅言を弄する卑劣菅」と呼ばせていただこう。

民主党の閣僚ども、日に日に下品な凶相面に変わっているぞ。

« 行政の見事なサボタージュの見本。地デジ無償配布の申し込み延期。 | トップページ | 口蹄疫は早く終息に向かって欲しい。テレビ朝日池上彰の学べるニュース【そうだったのか!口蹄疫】に難癖をつける。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

腐れ全共闘の成れの果ては
全共闘の皆さんに申し訳ない気分です。
もし全共闘の真似事をしていたのなら、
菅が成田でビラをまいていたのもうなずけます
たまたまそれが(成田)が流行で着ていただけの菅。
私の横でおどおどと。

ゆきぼーさんこんばんは。コメントありがとうございます。
僕の周りには時々腐れ全共闘がいます。社員の首切りに励んでるくせに、昔話を自慢げにされて、カラオケでイマジンなんか歌われた日にゃ、あんた!てな感じです。
人権派の市民運動家にもちらほら。

ゆきひろ・社会科日記読ませていただきました。リンク張らせて頂きます。
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558791/48767423

この記事へのトラックバック一覧です: 枝野幹事長、小沢氏への「大衆迎合」発言、菅総理「消費税全額還付」発言。この国の辞書に新たな言葉が付け加えられた。わが国の総理は「菅言を弄する卑劣菅」:

» 【剛腕】「国民の生活が第一」を実現させるためにも小沢グループを支援しよう!【参院選】 [ステイメンの雑記帖 ]
 投開票日が今月11日に迫った今年最大の政治決戦たる参院選であるが、政治のアマチュアばかりであるお子ちゃま六奉行どもに担がれた菅「暫定」首相は、 党内論議を何一つ行っていない「消費税増税」に固執した発言 を繰り返している。  それどころか、消費税増税が評判悪いとみるや、突然に低所得者層への消費税還付の話を持ち出し、却って夜盗勢力に批判の材料を与える結果となっている!  そんな中、無能無責任なお子ちゃま六奉行どもに、マニフェスト改悪の責任まで押し付けられようとしている 小沢前幹事長は、あくまで基本に忠... [続きを読む]

» 2010年参院選とミセス・ロビンソンの関係 [静かなる革命2009]
「ミセス・ロビンソン」はサイモンとガーファンクルがコンサートのオープニングで必ず歌う,言ってみれば彼らの「テーマソング」である.アメリカ映画「卒業」(1967年)の中でも使われた.このアップテンポで軽快な歌の中にアメリカの大きなトップシークレットが隠されているという話をあなたはどこかで聞いたことがあるだろうか?この歌の歌詞を100%理解すれば,この歌と2010年参院選がどう結び付くのかという疑問にも答えを見出すことができるだろう. Mrs. Robinson by Simon and Gar... [続きを読む]

« 行政の見事なサボタージュの見本。地デジ無償配布の申し込み延期。 | トップページ | 口蹄疫は早く終息に向かって欲しい。テレビ朝日池上彰の学べるニュース【そうだったのか!口蹄疫】に難癖をつける。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

国民の生活が第一

マガジン9条

無料ブログはココログ